top of page

Product Focus: 音源モジュール(aD5/xD3)

Updated: Jan 20

電子ドラムは「核」となる音源モジュールの機能を知ることが大切です。

特に、電子ドラムを検討している方はこの点に注意して自分の目的にあっているかを確認するのが選択ポイントの一つです。


・自宅での練習用にシンプルで使いやすいドラムモジュールが必要ですか?

・ライブパフォーマンスやスタジオワークのための高度なドラムモジュールが必要ですか?

今回は、ATVの音源モジュール「xD3」と「aD5」を比較しながら、それぞれの特徴を説明していきます。それでは、さっそくご覧ください。


Quick Links:

音源モジュール「xD3」の仕様

音源モジュール「aD5」の仕様

音源モジュール比較

1. 特徴

2. セットアップ

3. サウンド「音

まとめ

音源モジュール「xD3 」の仕様


電子ドラム「EXSシリーズ」の音源モジュール「xD3」。

使いやすく、練習に欠かせない便利なツールを搭載したハイレゾ対応モジュールで、電子ドラムを始められた方をサポートします。

また、シンプルな使い心地は自宅で気楽に叩くことができるため、初級者〜上級者まで幅広い層で楽しむことができます。

xD3 仕様

パッド入力数:

​9

​OUTPUT L / R:

​TS標準タイプ x2

PHONES:

ステレオ標準タイプ

​AUDIO IN:

​ステレオ・ミニ・フォン

MULTI-TRIGGER INPUT:

専用マルチケーブル(aD5-TC)

CRASH 2 INPUT:

TRS標準タイプ

USB:

USB2.0 Type B(MIDI IN/OUT)

​MIDI OUT:

​5-pin DIN

​SD CARD:

​SD/SDHC card (Up to 32GB)

DC IN:

​ACアダプター (DC 12 V, 600 mA.)

​プリセットのドラムキット数:

​5(※ ドラムキットは、ATV SOUND STOREからダウンロードして追加出来ます)

*音源モジュール「xD3」の詳細については、こちらをご覧ください。


音源モジュール「aD5 」の仕様


電子ドラム「aDrums artist」の音源モジュール「aD5」。

パッドの感度調整、音色の追加や組み替え、ボリュームの調整などインストを自由自在に編集し、ドラマーの演奏スタイルに合わせて完全にカスタマイズをすることができます。

aD5 仕様

パッド入力数:

​10

​OUTPUT L / R:

​モノラル標準フォン x2

​PHONES:

​ステレオ標準フォン

AUDIO IN:

​ステレオ・ミニ・フォン

​MULTI-TRIGGER INPUT:

専用マルチコネクタ

AUX TRIGGER INPUT 1/2:

​TRS 標準フォン

​USB:

​2.0 Type B コネクタ(High Speed)

​ATV LINK:

​RJ45 LAN コネクタ

​SD CARD:

​SD/SDHC カード(32GBまで)

​DC IN:

​ACアダプター (DC 12 V, 600 mA.)

​プリセットのドラムキット数:

​5(※ 音色は、ATV SOUND STOREからダウンロードして追加出来ます)

*音源モジュール「aD5」の詳細については、こちらをご覧ください。


1. 特徴(音源モジュール比較)

まず、それぞれの音源モジュールの機能から比較してみましょう。

xD3: 自宅練習に最適なスタンダードな音源モジュール

音源モジュール「xD3」は、初級者から上級者まで幅広い層のドラマーがダイナミクスとグルーヴを存分に表現できます。高音質のアコースティック・キットに加え、メトロノームや、このビデオで紹介されているように、ダイナミクスやタイミングを確認できる「ビジュアライザー」などの練習用ツールも搭載しています。

音源モジュール「xD3」には20曲の練習曲をあらかじめ収録しています。また、付属のSDカードにもオーディオファイルが保存されていますのでそちらを再生することも可能です。SONG画面では、メトロノームをオンにしたり、マーカーを設定することで、曲の特定の部分を練習したり、ループさせたりすることができます。内蔵のRECORDERを使えば、歌やソロの演奏を録音することも可能です。


aD5:プロフェッショナルに設計された高機能モジュール


音源モジュール「aD5」の設計において、自然なフィーリングを実現するために不可欠な3つのエリアに着目しました。


1. 高音質なサウンド

2. 高速かつ高感度なトリガー

3. 他社パッドとの互換性

最先端のセンシング技術、高速レスポンス、高品質なオーディオクラスの出力がさらに「aD5」の魅力を引き出し、スタジオ制作やライブ演奏に求められる厳しい基準をクリアしています。キックドラムの幅広いダイナミクス、スネアの繊細さ、シンバルの自然な響きなど、あらゆる音の表現があなたを刺激し、「aD5」を使った演奏は、音によって刺激される新しいレベルの創造性を体験することができます。

2. セットアップ (音源モジュール比較)


電子ドラムでは、ダイナミックなドラミング感覚や表現力豊かな演奏を実現するために、演奏スタイルに合わせた音源モジュールのトリガーレスポンスを設定することが重要です。

xD3: 簡単なトリガーセットアップ


「xD3」では、トリガーの設定を素早く行えることに重点を置きました。

トリガーセットアップ画面では、必要な設定をまとめて行います。 パッドモデルを正しく設定した後、演奏しながらそのパッドのSensitivity設定(+または-)を調整します。画面右上には、ダイナミックレスポンス(pp~ff)を示すショットメーターが表示されます。視覚的に示すことで、パッドのトリガー感度を調整し、最も強いヒットがff(フォルテッシモ)のダイナミクスに対応するのに役立ちます。 さらに、このメニュー画面では、スネアパッドのヘッドリムショットやハイハットのオープン・クローズ・ポイントのバランスを簡単に調整するための設定ができます。「Total Pad Response」は、すべてのパッドの感度を変える、もうひとつの便利な設定です。ほとんどのプレイヤーはこの値をNORMALに設定しますが、この値を大きくすることで、お子様や初心者がダイナミックレンジをフルに発揮できるようになり、ドラムの先生や生徒にとって便利な機能です。

aD5: トリガーウィザード+トリガー設定のフルカスタマイズ

「aD5」は、あらゆるドラマーのフルダイナミックレンジとグルーヴを、高音質なサウンドと自然な感触のレスポンスに正確に変換するように設計されています。この音源モジュールには、各パッドのダイナミックなトリガー・レスポンスを調整するプロセスをドラマーにガイドする、ユニークな「トリガー・ウィザード・ユーティリティ」が搭載されています。

トリガー・ウィザードのプロセスが完了したら、ゾーンの感度、カーブ、スレッショルドなど、パッドのトリガー・レスポンスのあらゆる側面を決定する設定を深く掘り下げ、フルコントロールすることが可能です。これらの微調整により、ドラマーは「aD5」のトリガー・レスポンスを自分の演奏スタイルに合わせて完全にカスタマイズすることができます。

pp(ピアニッシモ)の柔らかい音色から、ff(フォルテッシモ)の激しい感情のこもった高音まで、アコースティックドラムやシンバルの音色とダイナミクスを緻密に再現します。


3. サウンド「音」(音源モジュール比較)


キックドラムのダイナミックレンジ、スネアドラムの繊細な音色、シンバルの自然な色彩感など、ドラマーの自由な表現をサポートするのが「音」です。ATVアーティスト遠藤勝彦氏による、ダイナミックな表現力とエキサイティングなパフォーマンスで、「aD5」の高音質なサウンドをご覧ください。


​xD3: Play and Create EXS Kits


EXSシリーズの音源モジュール「xD3」では、購入後、箱から出してすぐに素晴らしいサウンドのキットを体験できるようにと考えました。「xD3」には5つのEXSキットがプリセットされており、ATV専用サイト「ATV SOUND STORE」で、さらに13のキットをダウンロードすることができます。


ATV Sound Tourでは、ATVアーティスト遠藤勝彦氏による素晴らしいリズムパターンを使って、すべてのEXSキットの演奏を直接体験できできます。

ATV SOUND STORE」では、「EXS KIT CREATION」にアクセスし、高音質なドラム、シンバル、パーカッションサウンドのコレクションから自分だけのオリジナルキットを作成することができます。

aD5: Create Your Sound


「aD5」は、個性を表現する『クリエイティブ』を念頭に置いて設計されています。音源モジュール内では、工場出荷時にインストールされているインストや「ATV SOUND STORE」からダウンロードしたインストを組み合わせ、パッドにアサインします。演奏シーンや音楽のジャンルに合わせてキットをカスタムメイドできるなど、その可能性は無限大です。

また、「aD5」のインスト編集機能では、プリセットのインストから新たなインストを作成することも可能です。この動画の例では、エッジとボウに2種類の音色を割り当てたハイブリッド・クラッシュ・インストを作ることができます。


まとめ


ATVは、「xD3」と「aD5」の2つの高音質な音源モジュールで、あらゆるレベルのドラマーが必要とするものを提供します。両モジュールは異なる機能を備えていますが、どちらもATVの「核」となる設計ポリシーを反映し、高速トリガー、シンプルな操作、そして素晴らしいサウンドに焦点を当てています。

EXSシリーズの音源モジュール「xD3」または「aD5」についてさらに詳細を知りたい方は、弊社オフィシャルサイトの製品ページをご覧いただくか、ご質問のある方は当社までお問合せください。


92 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page